好きなものばっかり食べてたら普通にブッサイクになるよ

┠内なる心の声を聞く

あなたの顔も体も心も過去も未来も
陰陽の法則
で変わります
▼博多美人塾無料メール講座▼


博多美人塾代表脇山加奈への
お仕事の依頼はこちら

 
 

本当に欲しいものを取りに行く
っていうの、よく私もセッションやサポートの中で言ったりしますが、

 

 

その延長線上で、
「好きなものどんどん食べたらいいよ」
っていう別のコーチに言われれましたっていうのを、よく聞きます。
 
 

 

私も言われたりしたことある。
 
 
 

でもさ、

普通に


好きなものいっぱい食べてたら、

 
 

 


太りますよ。
 
 
 
 
 
肌、荒れますよ。
 
 
 
 

 

ブッサイクになりますよ。
 
 
 
 
 


特に女性。


 
 
 
 
 
 
 
みなさん、
「好きなもの、食べたいもの」の解釈を間違えていらっしゃいます。
 
 
 
 

 


好きなもの、食べたいもの、
っていうのは、
 
 
カラダが求めているもの


ってことになる。
 
 
 

 
まず、
そのセンサー鈍っていませんか。
 
 
 
 

 

食べたいものっていうのは、
限りなく純粋に、


自分自身のバロメーターです。
 
 

 


必ずしも、
食べたいもの=自分が本当に本当に求めているもの 

とは限りません。


 
 


ジャンクフードとか
甘いものとか、
体にいかにも悪そうなもの


が食べたいってことは、

陰陽から考えても、
陰陽両極端になるし、
 
 
 
何より体に良くなさげなものっていうのは明らかですよね。

 

添加物いっぱいの不自然に出来たものをわざわざ体にいれるんだから。

 

 

 


その、体に良くなさ気なものを
食べたいっていう欲求は
 
 掘っていくと、
 
満たされないものをごまかすためのもの
 
 
 
になってることが多いです。

 
 
 
 陰陽両極端なものばかり食べてると
自分の潜在意識と繋がりにくくなります。
 

 


 

逆に陰陽を使いこなすと自分の潜在意識、内なる声が聞けてくるんです。

 
 
 

自分の本当の想いが見えると
当然、向き合わなければいけないことも見えてきます。
 
 
 
だからごまかさないとやってられないわけです。
そこに向き合う勇気がないと。
 
 
今向きあった方がいいかもしれないのに、
先伸ばしにしたくなる。

 


そして、ジャンクフードや甘いものでその場しのぎでごまかすっていうわけ。
 
 


 
過食もこれです。

 

 

 


食の欲求は、
陰陽の観点からも見れるので、
ただバランスを取るために陰陽両極端なものを欲しがってるということもあるけれど、

 
食べたいもの、好きなもの
が、
本当に本当に体が求めているものなのか

 
 
考えた方がいい。

 

 

 

 

 

深く。

 

 


 
 
 
陰陽両極端なものばかりを食べると
女性は特に表面に表れてきます。
 
 
 


ニキビ、肌荒れ、むくみ、なんか顔がパッとしないとか。
清潔感がないとか。顔でかいとか。
ブサイクとか。
 

 


全部、サインだと思ってください。
全部ぜんぶです。
 

 

 
 
女性は特に素直な生き物なので、
一番気づきやすい表面にわざわざ表れてくれる。

 
 

そう考えると
ジャンクフードや甘いものの過食など
そういう欲求を起こさせて、

「気づいてよ」って
魂が言ってるっていうのもありますよね。

 

 


だから、自分の容姿は自分の責任。

 

 

 

私も子どもの頃から過食気味で。
ストレスが溜まったりすると
たくさん食べたくなる。
 
 
食べること自体が
「体を緩める」っていうのがあるので、
緊張したあととか特にそうだったりするけれど、

 

 

 

今も過食気味になるとき、
ジャンクなものが食べたいときは
何が嫌だったのか、何を我慢したのか、考えます。
 
 

  
でも、基本、
もう自分が自分じゃなくなってしまうくらいの、食への欲求ってあんまりないです。

 

 

 


満たされてるとき、
本当に自分が納得して選んだことばかりの中で直感を大切にして生きてると、
ジャンクフードや不自然に作られた甘いもの、がまずく感じるか、

何も食べなくていいやーってなる。

 

 


丁寧に火を使って炊いたごはんと丁寧に作ったお味噌汁で
ことは足りる。
 
 


 

(これはあくまでも、私の体の動かし方、働き方、
の上に成り立ってるので、そっくりそのまま鵜呑みにはしないでくださいね。)
 
 
 

でも、基本は
こんな感じ。

 

 

 

センサーを磨いていきましょう。

もう一度言います。
 
 

ジャンクフード、甘いもの、
過食、などなど・・・・

 

 

自分の本当の気持ちをごまかすためのものだから。

 

 

 

 そして
 
自分の顔は、自分自身の履歴書。
そして自分が創ってきたもの。

 

 

 


 
 
 
どんな顔だろうと、

自分の責任であーーーる。

 

 

 

ニキビが出来てるから・・・

から辿りついたとして、食事だけどうにかすればいいって問題じゃない。



そのニキビの問題でさえも、ダミーです。

 

本当の自分の声に気づくためのね。

 

 

 

 

 

 


余談ですが・・・・
私のパートナーさん
 
 
 
お顔の毛穴が目立って夜中仕事から帰ってきて食べるし
毎朝パンとコーヒーで
お顔もむくみがちだったんだけど、
朝のパンとコーヒーをご飯とお味噌汁に変えたら

お顔がキュっと引き締まったよ。
 


 
 
 
今からでもお顔はつくれるよ。

どんな人も。

 

14102172_968839526575632_4307688025702660153_n

 

個別相談/お問い合わせはこちら

現在460名以上の方がご登録中
博多美人塾代表脇山加奈公式LINEは
▼こちらから3秒で登録▼



飛べない時はこちらのIDをお友達追加
 @qbz2506b
▼お友達追加QRコードはこちら▼

━1:1無料相談プレゼント中!━

▼個別で相談したい方▼
公式LINE登録後まずは
『相談希望』と今すぐメッセージ

▼サービスお申し込み検討中の方▼
『オンライン本講座詳細希望』または
『認定講師コース詳細希望』と今すぐメッセージ

陰陽診断の先行案内ご希望やオンライン本講座の
詳細希望、
1:1でのメッセージ相談ご希望の方は、

▼こちらを確認されてから
メッセージをお願いします

 

体と心の土台を整えるための陰陽の法則/
不調別の対処法/自分の心の紐解き方/
美も健康もお金も愛もすべてを得る方法/
特別動画など無料で配信中


理論・仕組み・感覚
すべての観点からお伝えします

現在提供中のサービス・講座

【テキストでお渡し完全オーダーメイド】
26ヶ月連続満席
頂いています

もう迷わない!
美容・カラダ・心
あなたのお悩みを解決する陰陽的食の処方箋
 

▼詳細・お問い合わせはこちら▼

※今月【2020年9月】満席ご予約いっぱいで早くても
1ヶ月半~2ヶ月お待ち頂く形になります

オンライン本講座同時お申し込みの方は
優先的にお作りしますので

オンライン本講座の方からお問い合わせください

▶2019年3月・・・満席→増席→満席→増席→満席
▶2019年4月・・・満席→増席→満席→増席→満席
▶2019年5月・・・満席→増席→満席
▶2019年6月・・・満席→増席→満席
▶2019年7月・・・満席→増席→満席
▶2019年8月・・・満席→増席→満席→増席→満席
▶2019年9月・・・満席→増席→満席→増席→満席
▶2019年10月・・・満席→増席→満席→増席→満席
▶2019年11月・・・満席
▶2019年12月・・・満席
▶2020年1月・・・満席→増席→満席
▶2020年2月・・・満席→増席→満席
▶2020年3月・・・満席→増席
▶2020年4月・・・満席
▶2020年5月・・・満席
▶2020年6月・・・満席→増席→満席
▶2020年7月・・・満席→増席→満席
▶2020年8月・・・満席
▶2020年9月・・・満席

━━━━━━━━━━━━━━━

陰陽の世界をしっかりと深く学んで
カラダと心の土台をしっかりと整えたい方へ

お申し込み1番人気
3週間で結果が出る!
全国どこからでも陰陽の法則が学べる!
カラダ・心・過去・未来・
あなたのすべてが陰陽で美しく変わる
【博多美人塾オンライン本講座】
▼詳細・お問い合わせはこちら▼


━━━━━━━━━━━━━━━

博多美人塾を仕事に 自宅に居ながら
月収30万円以上を得て
現実的に豊かになっていきたい方へ


【実績多数】
月商177万/138万
開始2カ月で月商100万円
開始3カ月で月商100万円
開始4ヶ月で月商50万円
100万/60万/40万/30万/10万多数

ビジネス陰陽学ぶ

【博多美人塾認定講師コース】

▼詳細・お問い合わせはこちら▼



━━━━━━━━━━━━━━━

▼色々あってどれが自分に良いかわからない・・・
そんな人は公式LINEにてお気軽にご相談ください

友だち追加
(@qbz2506b)

 

あなたの顔も体も心も過去も未来も
陰陽の法則で変わります
▼博多美人塾無料メール講座▼

 

▼『これが無料?!』有料クラスの動画を発信しています

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。