なんにもしたくない時

┠美人マインド

あなたの顔も体も心も過去も未来も
陰陽の法則
で変わります
博多美人塾無料メール講座▼▼



 
 
なんにもしたくない時ってありますよね。
ただ単に気乗りしないときとか
パートナーと喧嘩したときとか
 
なんかトラブルあったときとか
 

そんな時は私はとにかく寝る、何もしない時間を必ずつくるようにしているのですが、


 
だからってずっと寝てるわけにもいかないし
「休めない、休むことが苦手、休むのが悪い」というのは違って、
最低限やることやらないといけないしっていうのは
現実的な問題として、あるよね。
 
 
 
で、そんな時私がやることは
「小さなことをひとつでもこなす」ってことです。
 
例えば、メールの返信をしたり

お茶を沸かしたり
夕ご飯のおかずを一品つくったり
小さなスペースを掃除したり。
 
本当に小さなことからやる。
そしたら動きがついて、他のこともいろいろ出来たりする。


 
私はこんなパターンが多いです。
 

 
ちょっと話がそれるかもしれませんが、
ぶっちゃけ、「休みたい時は休んだらいい」
「頑張らない」とか今流行ってると思うんですけど、
試しに休みまくってみた結果、
自分の怠けがひどくなったような気がします。笑
そして余計な思考も多くなったような気がする。 

 

というか、寝てもさ、
思考が多すぎたりすると
全然休まってないんですよね。
 
陰陽でいうと
頭が陽性になってる。
 
 
だから、そういう時こそ
逆に動いた方がよかったりする

動かないから、体の血やエネルギーの巡りも悪いし
エネルギーそんなに使わないのに食事はするから
エネルギー過多になって思考も多くなる。
 
 

頑張らなくていい人は
エネルギー不足の人で、
少食の人だと思うんですよ。
 食べられない人。
 
 
私は、ものすごい食べてる。笑


だから、逆に動くことが休むことになる。
 
 

あなたはどうですか?
 
普通にお肉とかタンパク質とか食べて
1日3食食べてる人は普段頑張って
いろんなことにチャレンジした方がいいと思います。
 
 
っていうか、頑張った方がいいよ!
流行りに流されず。

 
だって、エネルギー余る!
休みまくってる人はエネルギー有り余ってるはず。
それで、余計なことぐるぐる考えたりするのだ。
運動もいいと思います♡
 
 
 
もちろん、休むタイミングなんかも色々あるかもしれんけど、
 

それが自然の摂理。
 
 
 
ということで、
なんにもしたくない時は
「小さなことをひとつでもこなす」


私のように体休めても頭が休まってないっていう人は
逆に動いてみると良いかもしれません♡

現在220名以上の方がご登録中
博多美人塾代表脇山加奈LINE@は
こちらから3秒で登録 

LINE@ご登録頂いた方毎月限定5名様で
無料相談実施中です。
相談希望と今すぐメッセージ!

友だち追加
(@qbz2506b)

体と心の土台整えるための陰陽の法則 
不調別の対処法 
自分の心の紐解き方 
美も健康もお金も愛も
望むものすべてを手に入れる方法
など配信中

現在提供中のサービス・講座

【テキストでお渡し完全オーダーメイド】
もう迷わない!美容・カラダ・心
あなたのお悩みを解決する陰陽的食の処方箋
 
▼詳細・お問い合わせはこちら▼
お申込み・お問い合わせは上記のリンクまたは
・FacebookのメッセージからもOK
・LINE@からもOKです
友だち追加
(@qbz2506b)

今月は
▶2019年3月・・・満席⇒増席⇒満席⇒増席⇒満席
\ お申込みありがとうございます /

▶2018年6月・・・満席
▶2018年7月・・・満席→増席→満席
▶2018年8月・・・満席→増席→満席
▶2018年9月・・・
満席→増席→満席
▶2018年10月・・・満席→増席→満席 
▶2018年11月・・・満席→増席→満席
▶2018年12月・・・満席→増席→満席
▶2019年1月・・・満席→増席→満席
▶2019年2月・・・満席
こちらからお申し込みをお願い致します。

陰陽の世界をしっかりと深く学んで
カラダと心の土台をしっかりと整えたい方へ
【全国どこからでも陰陽の法則が学べる!】
カラダ・心・過去・未来・
あなたのすべてが陰陽で美しく変わる

博多美人塾
オンライン本講座
 
▼詳細・お問い合わせはこちら▼


博多美人塾を仕事に 
月収30万円を得て現実的に豊かになっていきたい方へ 

博多美人塾認定講師コース
▼詳細・お問い合わせはこちら▼


あなたの顔も体も心も過去も未来も
陰陽の法則で変わります
博多美人塾無料メール講座▼▼

 

▼『これが無料?!』有料クラスの動画を発信しています

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。