私のストーリー【ビジネス編】vol.2

私のストーリー【ビジネス編】vol.2です。


前回の私のストーリー【ビジネス編】vol,1はこちらです


少しお話は戻ります。

 


====================


母との会話の中でよく出てくるフレーズがあります。


 
「あんたは、昔からいっつも『普通はいやだ』って言いよったよね」
 
という言葉です。

 
 
 
 
そうなんです。

私は子どもの頃から、潜在的に
「普通は嫌。周りと同じは嫌、つまらない。」
 
 
 
と思っていました。
なぜだかわからないけれど。
 
 
 

そんな私が、


普通の人と同じように仕事に行けて、
普通の人と同じように結婚して主婦をしている。

 

 

私はこの頃、「普通」ということにこだわり、
それを求めていました。
 
 
 


なぜかというと、

 
大阪から音楽をやめて帰ってきた当時、

とても酷いうつで、寝たきりで動けないと言ってもいいくらい
本当に廃人のような状態だったからです。
 

 

 

 

 

会話もままならない時や。
3日間、トイレもいかずに眠り続けた時もありました。

 
 
 
この時の両親の心はそれはそれは穏やかではなかったと思います。


私は「普通」とは程遠い、
生きるだけで、息をするだけで本当に精一杯の状態でした。
 
 
 


それでも、少し調子があがると、這いつくばって仕事に行きだします。

 
 
不幸自慢をするわけではないけれど、
毎朝おえおえ吐きながら、泣きながら。

 

 

 

 

そのまま、素直に休んでよかったんだろうけれど、
休む ということを自分自身が許せなかったんです。

 


 
 

でも、結局仕事は続かない・・・っていうのを繰り返すんですけれど。
(前回の記事にあり)
 
 
 
 

 

そんな辛い苦しい毎日をしばらく過ごすわけですが、


私はどうしてこうなったのかと向き合う時間でもありました。
 
 
 
 
 
そこで、ひとつの答えにたどり着くわけです。


 

 

 


今まで、普通が嫌だとか言っていたけれど、

こうなったのは、
周りのみんなと同じように地元の高校に進学しなかったからだ。
同じように高校生活を普通に送らなかったからだ。

 

 

高校までぐらい親元で過ごして、
そこから自分のやりたいことをする という選択をしなかったからだ。

親とか、親戚とか、先生とか、友達とか
周りの言うことをおとなしく聞かなかったからだ。
 
 

 

 

普通の選択をしてこなかったからだ。

私は間違っていたんだ。
 
 
  
 
そうだ。
 
 

だから、今、こんな事態になってる。
だから、今、こんなにも苦しいんだ。
 
 
 
と。

 

 


だから、
だから、
 


私はもう、普通に生きる。
 

目立つようなことはしない。
周りと同じように生きていく。
 
 
 
 
 
そうしたら、苦しくないはず。
 


だって、みんなそうやって生きてる。
普通になればうつも治る。大丈夫。
 
 
 
 
それまでちょっと頑張ろう。
頑張って普通になろう。
 
 
 
 
私は普通以下だから。

 
 
 

 
 
こんな風に思っていました。

 
 
 
 
 
 


自分が望んだことで、そういう生き方がいいと思って、

やっと普通に働ける、普通に結婚して、普通に生きていけるようになった私ですが

 

 


心の奥底でいつの頃からか、
違和感を感じるようになります。
 
 
 


 
 でも、「大丈夫だよ、気のせいだよ」と
違和感を感じていないフリをしていました。
気づきたくありませんでした。
 

 
 

 
 「だって、今までがんばってやっとこの普通の生活を手に入れたよね?」
「やっとやっと、普通になったよね?」

もうひとりの私が言います。


 

 

 
 
 その違和感の波は、
毎日、何度も来ていたけれど、
その度に「気のせい気のせい」と奥の奥へ閉じ込めて

 
そのうちに
「違和感を感じている」という感覚がわからなくなり、
それが当たり前になってしまい、

 
 
違和感を感じている自分は、
いるのかいないのかわからないような日々を過ごすようになりました。
 
 
 
 
 
私の中に居る2人の自分は
完全に対立していました。

 

 

 

でも、生活はいたって普通です。

 

 

 もう仮面をかぶることにも、本当の自分を出さないのにも
慣れていたから。
 
 
 

 

その変わり、すごく疲れるので、
人と会ったあとは酷い疲労感と反動で
家に帰ったら一気に力が抜けたような感じになっていました。
 
 
 

 
 
 

 
普通に仕事に行って、
帰ってきたらご飯を作って、家事をする。
 
 
もうすぐ、赤ちゃんがやってくるしさ・・・
大丈夫だよ、そしたらまたなんか変わるよ・・・ 
 
  
 

 
 
 
 と思いながらも、結婚してすでに2年が過ぎようとしていました。

 

 

 


そう、赤ちゃんがまだだったんです。


 
 

 

 

ビジネスの話しをしようと書き始めたこの記事ですが、
全部を繋げていかないとビジネスまで辿りつかなさそうです。笑


少しずつ、丁寧に、これから書いていきたいと思います。
ということで、次回に続きます。


お付き合いいただければ嬉しいです^^

 

 

 

 

20160822010746

今まで話したことのない私の過去のSTORYをメルマガ読者さん限定で公開しています。
脇山加奈ってどんな人?
博多美人塾ってどうやって生まれたの?
無料で読めますので、
知りたい方はメルマガに登録してくださいね♪ 
メルマガは携帯メールアドレスには届かないので、必ずパソコンアドレスでお願いします♪

◆◆ご注意!◆◆
※携帯電話メールアドレスには対応しておりません。
Gmailやパソコンのメールアドレスでの登録をお願いいたします。 

◆facebookのお友達も募集しています
申請はメッセージを添えて下さると嬉しいです

◆脇山加奈公式LINE@

blogやfacebookの記事を更新したときや
LINE@会員様限定の濃いお話を配信していきます♡

お問い合わせやメッセージなどは、
お気軽にこのLINEに返信して頂くことも出来ます♪

友だち追加
(@qbz2506b)

  red現在提供中のメニューred

お申込み1番人気
※限定5名さま※【テキストでお渡し】
キレイになる食べ物がドンピシャでわかる!もう迷わない!
美容・カラダ・心 あなたのお悩みを解決する陰陽的食の処方箋♥


お申込みはこちら

お申込み・お問い合わせは上記のリンクまたは
・FacebookのメッセージからもOK
・LINE@からもOKです
友だち追加
(@qbz2506b)

redオススメ記事

ごあいさつ・このブログについて
お肌もキレイになって赤ちゃんもやってきてくれました♡
30年悩んでいた便秘が改善されていき、現実が動き出しました!
LサイズからSサイズになりました♪
何が一番自分にあっているのか分からず焦る毎日にピリオドを
博多美人塾で学び出して、毎日が楽しいです!
肌荒れが1ヶ月で引いて 化粧で隠さなくてもよくなりました。

いつも不安を感じています。食べ物も関係ありますか?
食べ物でこんなに顔が変わる♡

お問い合わせはこちら

お客様の声(多数あります♪)

 

 red陰陽のお話

美人になる、自分らしく生きることが出来る食べ物の陰陽その1

美人になる、自分らしく生きることが出来る食べ物の陰陽その2

美人になる、自分らしく生きることが出来る食べ物の陰陽その3

美人になる、自分らしく生きることが出来る食べ物の陰陽その4

美人になる、自分らしく生きることが出来る食べ物の陰陽その5

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る