私を責めてるのは周りだと思ってたら自分だったという話。

┠心が動いたこと

あなたの顔も体も心も過去も未来も
陰陽の法則
で変わります
▼博多美人塾無料メール講座▼

昨日、ばあばの家にお泊りにいった息子。
今朝連絡が来て、熱が40度近いから病院につれていくねとのこと。
病院もあまり好きではないけれどお熱が高いと心配だったのでお願いすると

結果インフルエンザとのこと。
私もうつって動けなくなると色々と滞るので、
母が「落ち着くまで見るよ」といってくれたので実家でしばらくお世話になることにしました。
 
 
風邪はデトックス。
熱もデトックス。
インフルエンザだろうがすべては外に排出する現象なので大丈夫とは思ってはいるものの、
高い熱で苦しんでる息子を目の前にすると
もっと出来ることがあったのかな?と反省する自分もいます。

 
赤ちゃんの時からなるべく自然なもので、陰陽のバランスも考えながら整えてきたので
息子は体は強い方だとは思う・・・
風邪もひく時はひくだろうし、病気する時はする。
でもイチイチ自分を責めてしまう私もいるのですよね。

「もっとこうしてた方がよかったのかな?」
「この前お菓子食べさせすぎたかな?」などなど・・・

責めグセとでも言うのだろうか・・・
母親として、当たり前に感じることと言ったらそうなのかもしれないけれど・・・

 

でもこの責めグセってどこから来てるんだろう?
ってふと思ったのです。
 

それで思ったのが
多分、周りからの目。
良い母親でいないとっていう思い込み。
誰かから責められる前に自分で責めちゃおうという守り。
 

このあたりなんじゃないだろうかと。
 

もちろん、息子が元気でいてくれることがいちばん。
そのために色々整えたいしやれることはやるけど
それがちょっとうまくいかなかったからって自分を責める必要はもうないよなって
なんか…思いました。
 
 
自分を責めてたら私向き合ってる風に勘違いしてしまいがちだけど、
向き合う=責める じゃないですね。
責めてるのは他人の目を気にしてるからだ。
こんなに責めてるから、もうこれ以上いじめないでねっていう
もう本当に自分を守ってるだけだ。
 

以前の私だったら、
このまま自分を責めて「もっと食事を整えないと!」
「もっとちゃんとやらないと!」と思っていたと思います。
 「もっと母親らしくしないと!」と、
さらに頑張っていたと思います。
 

 
でも、そもそも「母親らしい」というのももうそれぞれの価値観でしかないじゃない。
またここでも、他人が作った価値観、他人が作った母親像。

 
あーーーも!!笑
こんな自分にイライラすること、多々ありです。
 
 

結局は風邪ひいてもインフルエンザになっても大丈夫で
息子にとっても必要なことで
私にとっても祖父母にとっても必要なことだったのかもしれない
 
母子二人での淡々とした生活に風通しをしてくれたのかもしれないし
ちょっと離れて息抜きさせてくれたのかもしれない
思いっきり仕事に集中しなよって言ってくれてるのかもしれないし
もしかしたら父も母も思いっきり孫と一緒に居たかったのかもしれない

 
風邪ひくことだってインフルエンザなることだって
色々バランスとるために起こってる出来事でさ
良い悪いなくて、ただ起こったことでさ。
そこに誰が悪い何が悪いとかないだろもう!笑
 
 風邪・インフルエンザ=悪い
 元気=良い 
 
でもない。
 
私が良い悪いで考えるのですね・・・
どんだけ自分責めるの好きなんだろう・・・
どんだけ他人の目を気にしてるんだろう・・・
 
 
笑けてくる。

 

 

前にね、博多美人塾第一期をやってたとき
「子どもをもっと大事にしてあげた方がいいですよ」とか
「もっと大事にするものあるでしょう? 」とか
 
わざわざお説教して下さる人がいたんです。
 正直もっのすごい不愉快だった。

「私は今、目の前のことに全エネルギーを投入してるのに、何も知らないあなたからそんなこと言われる筋合いない」と思いました。
なんかね、毎回仕事に集中してる時期に子どものことでそうやってお説教してくる方がチラホラいらっしゃるんです。
なんでだろー?何かあるのかなー?と思いつつも、目の前の事に全エネルギー投入なので
適当に流しつつきて・・・

 

そしたら今回もきた!!(ToT)

こりゃ何か学ぶことがあるのだと腹を括ったのです
 
でも・・・
謎がとけたかも・・・


お説教されて私が反応するのは、
そもそも私自身がやっぱり

◆一緒にいる時間少ない=悪い、もしくは推奨しない
◆一緒にいる時間多い=良い

◆子ども預けて仕事してる=悪い、もしくは推奨しない
◆子ども優先で仕事=良い  て思ってるから。

 

で、やっぱり今回も

◆風邪インフルエンザ=悪い(私ダメ、しっかりしてない)
◆元気=良い(私偉い、しっかりしてる)


って思ってるから。

 

それでやっぱりどっかで自分を責めたかったんだけど、
うまく責められなかったから
周りの人が責めてくれてる。
 
 

結局ありがとうございますっぽい!笑

 
 

 

はー。良い悪いで考えて
凝り固まってるのは私だった。

ごめんなさい。
もうちょっと、カチカチな頭を柔らかくしたい。

 

なんだか自分紐解き記事で終わってしまいそうな勢いだけど・・・

 

 


もし…あなたも、
周りから指摘されたことに激しく反応することがあるのなら、
自分が一番そう思ってるのかも。
周りはそれをただ叶えてくれてるだけかも。

全部が全部とは言わないけれど
もしかしたら一理あるかもです。



他人が作り上げた良い悪いで自分を責めるのはもうやめて、
あなたの好き、いいな、やりたい、正解を選択するといいと思います♡本気でね!
自分を守るのもやめて、本当に大切にしたいものを大切に

私もやめる。
自分を責めるのも自分を守るのも、自分をジャッジするのも人をジャッジするのも

 やめるーー!!

 



あ。息子が早くよくなりますように。
元気いっぱいなりますように。

がんばれー!!

個別相談/お問い合わせはこちら

現在500名以上の方がご登録中
博多美人塾代表脇山加奈公式LINEは
▼こちらから3秒で登録▼



飛べない時はこちらのIDをお友達追加
 @qbz2506b
▼お友達追加QRコードはこちら▼

━1:1無料相談プレゼント中!━

▼個別で相談したい方▼
公式LINE登録後まずは
『相談希望』と今すぐメッセージ

▼サービスお申し込み検討中の方▼
『オンライン本講座詳細希望』または
『認定講師コース詳細希望』と今すぐメッセージ

陰陽診断の先行案内ご希望やオンライン本講座の
詳細希望、
1:1でのメッセージ相談ご希望の方は、

▼こちらを確認されてから
メッセージをお願いします

 

体と心の土台を整えるための陰陽の法則/
不調別の対処法/自分の心の紐解き方/
美も健康もお金も愛もすべてを得る方法/
特別動画など無料で配信中


理論・仕組み・感覚
すべての観点からお伝えします

現在提供中のサービス・講座

【テキストでお渡し完全オーダーメイド】
30ヶ月連続満席
頂いています

もう迷わない!
美容・カラダ・心
あなたのお悩みを解決する陰陽的食の処方箋
 

▼詳細・お問い合わせはこちら▼

※今月【2021年4月】満席ご予約いっぱいで早くても
1ヶ月半~2ヶ月お待ち頂く形になります

オンライン本講座同時お申し込みの方は
優先的にお作りしますので

オンライン本講座の方からお問い合わせください


▶2019年6月・・・満席→増席→満席
▶2019年7月・・・満席→増席→満席
▶2019年8月・・・満席→増席→満席→増席→満席
▶2019年9月・・・満席→増席→満席→増席→満席
▶2019年10月・・・満席→増席→満席→増席→満席
▶2019年11月・・・満席
▶2019年12月・・・満席
▶2020年1月・・・満席→増席→満席
▶2020年2月・・・満席→増席→満席
▶2020年3月・・・満席→増席
▶2020年4月・・・満席
▶2020年5月・・・満席
▶2020年6月・・・満席→増席→満席
▶2020年7月・・・満席→増席→満席
▶2020年8月・・・満席
▶2020年9月/10月/11月/12月・・・満席
▶2021年1月/2月/3月・・・満席

 

━━━━━━━━━━━━━━━

陰陽の世界をしっかりと深く学んで
カラダと心の土台をしっかりと整えたい方へ

お申し込みNO.1
3週間で結果が出る!
全国どこからでも陰陽の法則が学べる!
カラダ・心・過去・未来・
あなたのすべてが陰陽で美しく変わる
【博多美人塾オンライン本講座】
▼詳細・お問い合わせはこちら▼


━━━━━━━━━━━━━━━

博多美人塾を仕事に 自宅に居ながら
月収30万円以上を得て
現実的に豊かになっていきたい方へ


【実績多数】
月商177万/138万
開始2カ月で月商100万円
開始3カ月で月商100万円
開始4ヶ月で月商50万円
100万/60万/40万/30万/10万多数

ビジネス陰陽学ぶ

【博多美人塾認定講師コース】

▼詳細・お問い合わせはこちら▼



━━━━━━━━━━━━━━━

▼色々あってどれが自分に良いかわからない・・・
そんな人は公式LINEにてお気軽にご相談ください

友だち追加
(@qbz2506b)

 

あなたの顔も体も心も過去も未来も
陰陽の法則で変わります
▼博多美人塾無料メール講座▼

 

▼『これが無料?!』有料クラスの動画を発信しています

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。