本当は嫌なのに我慢してることを思い出す

 

自分のことを置いてけぼりにしてる期間が長いと

・本当は嫌なのに我慢していること
・嫌いなもの、人、環境

などが当たり前になりすぎてて、風化してしまってることがあります。


特に
・自分が長く触れるもの
・長くいる空間
・長く時間を過ごす人


この3つは豊かで心地よい生活を送るために重要なファクターです。



どれも大事ですが、
長く触れるものであればあるほど、本当に自分が好きなもの、納得しているもの、心地よいものにしていきましょう~♡

本当は嫌なのにそこにあるというのが当たり前になりすぎてる人ほど、

「あとでいいや」ではダメです。
「あとでいいや」ではやりません(^ν^)

 

今感じている違和感、なんか嫌だな、ざわざわ、もやもや感じるのなら、
今すぐ行動。



ただ、対人の場合はご縁なので、保留なんてことも必要な時があるけれど

自分が過ごす空間、触れるものをどうにかすることなんて、
スマホを持っててネット環境が揃ってる今の時代なら今すぐに出来ます。

 

欲しいと思っていたお財布を探す
引っ越したいなら物件を探す
美容院の予約をする
大切なメールの返信をする
手続きが必要ならさっさとやる
伝えたいことがあるならさっさと伝える


すべてを一度に完了しなくてもいいので、
とりあえず手をつける。
手をつけることから、物事は動いていきます。気持ちも軽くなる。

急かすわけではないですが、
気づいた時にやらないと、それってどんどん積もっていきます。


新しい違和感に気付いても、前に溜めてた分があるから
また、「あれをやってから・・・」みたいなね。

そうやっていくうちに、積み重なっていって最初の頃のなんて埋もれてしまうわけです。
そしてそれが当たり前になり、いつの間にか自分の感覚にも鈍くなり、
気付いたら自分が何が好きなのか嫌いなのかもわからずに
とりあえずのものに囲まれている。



これはもうですね、気づいた時にさっさっさとやる。
ほんと~~うに、これに尽きます。

考えているうちに後回しにしてしまう癖。
ないですか?
 (^ν^)


目の前の小さな決断を出来ない人に
大きな決断は出来ません。



間違ったっていいのです。
なんかやっぱり違った となってもいいのです。
やりながら、動きながら、わかることもうんとあって、それも損にも無駄にもならないから。

 失敗なんてたくさんしたらいいのだから。





明日が来るかなんて本当はわからない。
もしかしたら明日死ぬかもしれないと思ったら丁寧に本気で生きると思います。

本気で生きよう今日を♡
丁寧に過ごそう今日を♡

 

 

ちなみに私は最近ラグを買いました♡
モフモフで素晴らしく気持ち良い♡

img_0501

スタイリッシュなゴミ箱も♡

img_0699

◆facebookのお友達も募集しています
申請はメッセージを添えて下さると嬉しいです

◆脇山加奈公式LINE@

blogやfacebookの記事を更新したときや
LINE@会員様限定の濃いお話を配信していきます♡

お問い合わせやメッセージなどは、
お気軽にこのLINEに返信して頂くことも出来ます♪

友だち追加
(@qbz2506b)

  red現在提供中のメニューred

お申込み1番人気
※限定5名さま※【テキストでお渡し】
キレイになる食べ物がドンピシャでわかる!もう迷わない!
美容・カラダ・心 あなたのお悩みを解決する陰陽的食の処方箋♥


お申込みはこちら

お申込み・お問い合わせは上記のリンクまたは
・FacebookのメッセージからもOK
・LINE@からもOKです
友だち追加
(@qbz2506b)

redオススメ記事

ごあいさつ・このブログについて
お肌もキレイになって赤ちゃんもやってきてくれました♡
30年悩んでいた便秘が改善されていき、現実が動き出しました!
LサイズからSサイズになりました♪
何が一番自分にあっているのか分からず焦る毎日にピリオドを
博多美人塾で学び出して、毎日が楽しいです!
肌荒れが1ヶ月で引いて 化粧で隠さなくてもよくなりました。

いつも不安を感じています。食べ物も関係ありますか?
食べ物でこんなに顔が変わる♡

お問い合わせはこちら

お客様の声(多数あります♪)

 

 red陰陽のお話

美人になる、自分らしく生きることが出来る食べ物の陰陽その1

美人になる、自分らしく生きることが出来る食べ物の陰陽その2

美人になる、自分らしく生きることが出来る食べ物の陰陽その3

美人になる、自分らしく生きることが出来る食べ物の陰陽その4

美人になる、自分らしく生きることが出来る食べ物の陰陽その5

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る