違和感を感じる自分を信じる

今までの私は、
自分の環境や人間関係や起こる出来事などに
「???」と思うことがあっても、
それを感じないフリをしてしまうことが多くありました。
 
 
 
 
例えば、
新しく始めようとしたとても魅力的なビジネスがあって、
構造的にも収入の面でも、魅力的だけど
なんとなくだけど、なんだかなーっと感じる気持ちだったり。

 

 
嫌いなわけでもないし、良くしてくれるし、
凄くいい人なんだけど、なんかなーーーと思う人とか。

 
 
試着してみた時は良かったと思ったけれど
家で着てみたらイマイチだった・・・・という服とか。笑
 
 
 
過去の恋愛で言えば、
この人のことものすっごく好きだけど、
私とは進む方向が違うのかなぁ・・・と感じる瞬間とか。

 
 
こういう感じのことを今まで無意識のうちに
「感じちゃいけない」
感じても、
「そう思っちゃいけない」
とどこかで思っていたように感じます。


 
いい子さんでいたかったのかなぁ?
 

んー、、、、
 
でもいちばんは
 
 
それを感じて、認めてしまうと
もー、面倒くさい!ってなってしまうからかなと思います。
 

焦って焦って、
たぶん恐れや不安が前提にある、
一応自分の中で”やっとなんとか辿りついた答え”っていうのを選択してみたけれど、
 「本当は違うんだ・・・・」
 
っていうことを認めるわけなので
嫌でも現状を動かしたくなることが
心のどこかでわかってたんですよね。

 
たぶん。
 
 
 
 

そうなると、
いままでの労力がもったいなく思えちゃって
もう疲れちゃうんですよね。
 
 
変わりたいって言ってて、
結局変わりたくなかったんです。
労力がいるから。
ヽ(´ー`)ノ
 


 
 
それに
自然に感じることを、感じないふりしてたら
それは普通に苦しくなるよねー。
ははー。
 
 
 
これからは、もうほんと、
そういう違和感を感じる自分を信じていきたい。

 
 


 
それは、単純に道しるべだと思うから。
  
 


 
イマイチだった服に感じた違和感だって、
周りはおいしいって言ってたランチに私は普通かなって感じた気持ちも
大切にしていく。
  
認めていく。
  

 
 
そういうひとつひとつの自分の素直な想いによって生まれた決断と選択が
未来を創っていくんだもの。

 
だからといって、
すぐにどうにかしないといけないとか型にはめずに
いろんなタイミングや待ちの時間も大切にしながら。


 

本当に動かすとき、動かせるときは
エネルギーも含め、いろんなことのタイミングが合う時がくると思うから、
そこはあまり気負わずにやっていけたらいいです。
 


 
だから、今は”今”でいいの。
これが意味を持つから。 
これが繋がって、導いてくれるから。


t02200293_0296039413535250600

♥現在提供中のメニューはこちら♥

 

◆facebookのお友達も募集しています
申請はメッセージを添えて下さると嬉しいです

◆脇山加奈公式LINE@

blogやfacebookの記事を更新したときや
LINE@会員様限定の濃いお話を配信していきます♡

お問い合わせやメッセージなどは、
お気軽にこのLINEに返信して頂くことも出来ます♪

友だち追加
(@qbz2506b)

  red現在提供中のメニューred

お申込み1番人気
※限定5名さま※【テキストでお渡し】
キレイになる食べ物がドンピシャでわかる!もう迷わない!
美容・カラダ・心 あなたのお悩みを解決する陰陽的食の処方箋♥


お申込みはこちら

お申込み・お問い合わせは上記のリンクまたは
・FacebookのメッセージからもOK
・LINE@からもOKです
友だち追加
(@qbz2506b)

redオススメ記事

ごあいさつ・このブログについて
お肌もキレイになって赤ちゃんもやってきてくれました♡
30年悩んでいた便秘が改善されていき、現実が動き出しました!
LサイズからSサイズになりました♪
何が一番自分にあっているのか分からず焦る毎日にピリオドを
博多美人塾で学び出して、毎日が楽しいです!
肌荒れが1ヶ月で引いて 化粧で隠さなくてもよくなりました。

いつも不安を感じています。食べ物も関係ありますか?
食べ物でこんなに顔が変わる♡

お問い合わせはこちら

お客様の声(多数あります♪)

 

 red陰陽のお話

美人になる、自分らしく生きることが出来る食べ物の陰陽その1

美人になる、自分らしく生きることが出来る食べ物の陰陽その2

美人になる、自分らしく生きることが出来る食べ物の陰陽その3

美人になる、自分らしく生きることが出来る食べ物の陰陽その4

美人になる、自分らしく生きることが出来る食べ物の陰陽その5

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る