人は食べたもののようになる_羽生結弦くんもお米ちゃんと食べてるよ

◆セミナー・イベント

あなたの顔が変わり
カラダが変わり
心が変わり
過去が変わり・人生が変わる 
\ 博多美人塾無料オンラインメール講座 /

博多美人塾オリジナルテキスト
あなたのキレイを引き出して
人生を丸ごと良くする
陰陽の法則
をプレゼント♡



▼登録はこちらをクリック▼

《 人は食べたもののようになる_羽生結弦くんもお米ちゃんと食べてるよ 》
 
 
 
 
 
昨日は大阪での博多美人塾1dayレッスンでした。
今後は認定講師さんに引き継いでいく1day。
私が講師をやるのは最後の1dayでした。


 
 
2年前の博多美人塾立ち上げ時、1,500円で提供していたこの1day。
1,500円でも集客するのが大変だったのに、
今では20倍の価格でもお客様が集まってくださる。しかもお客様の方から。
自分自身の成長を感じながら、そして改めて感謝の気持ちで大阪から帰ってきました。

 

 

 


 
  


そんな感じで1dayを終えたのですが、 

1dayの中では 

 


1,あなたのキレイをつくる陰陽の法則
2,自分にドンピシャで合う食べ物の見つけ方
3,出すのが先!体とココロのデトックスについて
4,自分らしく生きている人が必ずやっている◯◯
5,ココロが整うとキレイになる法則について
6,自分のココロの声と繋がる食べ物
7,多くの人が陥る美容やダイエットの間違えた知識
8,自分軸をつくってブレない私になる方法
9,参加者大反響の特別ワーク

 
 
このようなコンテンツを提供させていただきました。
 
 
  


昨日の参加者様からは 

 

◆今日はありがとうございました。オーダーメイドのテキストを作成してもらってから
今まで落ちなかった体重が落ち、友達から「若くなった!」「イキイキしてる!」
とよく言われます。
そんな言葉を聞くと「やったー!嬉しいー!」と思います!
玄米を食べて、生理前の頭痛がピタリとなくなり、薬はホント何ヶ月も飲んでいません。
食べ物のパワーってすごい!って実感です。
今回、加奈さんが1dayのセミナーがラストと知り「会いたい・・・でも、仕事が・・・」と悩んでいました。
でも、私の正直な気持ちはやはり「加奈さんに会いたい、自分を変えたい」と思っていて、
既に決めてる自分に気が付きました。
自分の気持ちを大切に行動してよかったと今本当に思います。
素敵な時間をありがとうございます。 


 

 
◆玄米を中心とした食事で、噛むことを意識して陰陽の両極端の食べ物を避けて、
中庸を目指した食事、そして何より、「何を欲しているのか?」を聞いていると
明らかに体が変わり、心が変わるんだと実感しています、、、、
今は体と心の変化が楽しみな時期であり「整う」という意味が身をもってわかり始めている時です。
と、同時に奥の深さにビビっています。
ちゃんと体が陰陽の法則にぴったりと合う反応を示しているからです。
 
体と心がリンクするサインをもっと見られるようにアンテナをはろうと思いました。
人類を救えると思います。
 


 

◆自己開示の重要性は良く聞きます。が、いざ自分のことを話すとなるとなかなか難しい。
どこかで「こんなこと話したら変な人って思われるんだろうな」と思ってしまうのでしょう。
昔、「第一印象はとってもかしこそうに見えたのに」と言われたことを思い出し、
「かしこい人」って思われたい自分に気づきました。
体の声、心の声、にもっと耳を傾けられるようになります!
 
 

◆まず、「なりたい姿」を書き出すワークをはじめて見えると、自分が気になっていないことについては思いつくのが難しく、
いかに自分の対人面やコミュニケーション能力、自分を認めてあげられていないというような事に
かなり絞られていることに驚いた。
ずっとなんとかしなきゃと思ってたんだなと。
そう思うことが自分の「ある」を見えなくさせているのですね・・・とても残念なことに今回気づかせてもらった気がします。
しかし、「ある」にも気がつけた。
自分の中で確実にはじまっているデトックスが(便通、性欲について)素直に嬉しかったです。
生理前に無性に食べたくなるスイーツや生理後に塩辛いものが欲しくなる理由なんかもしれた事で、
その欲求をコントロールしやすくなるのではないかと思ってます。
このスイーツ欲求はいつまで続くのかと気にしながら食べ続けることを卒業し、
食べたい体の欲求を認めてあげられそうな気がします。
今日はひらめきのままに伺ってよかったです!
 

というご感想をいただきました。
 本当にありがとうございます!!!  

 

 


 
 
昨日は、体や食べ物、陰陽の法則についてはもちろんですが
体と心の繋がり、心の紐解き方のお話も重点的にお話させていただきました。
 
 

昨日はオーダーメイドのテキストで
既に陰陽で体を整えていらっしゃる方や
博多美人塾の本講座を受講されてた方が多く
やはり体を整えていると、心の部分の話しも
すんなりと入っていく感じ。

 


 
   


 
エネルギーも、受け取り方の素直さも
体を整えているのとそうでないのとでは違うな~と感じました。
 

 

 


やっぱり自分(心)の土台は体。
でも、心だけ整えるのではダメだし、
だからといって体だけでもダメ、
体と心両方を同時に整えるということが必要なんですが、
 
 
 
でも、やっぱりやっぱり食べ物が土台の土台の土台の土台なのです。
 

 
 
 
 
博多美人塾ではいつも言っていることのひとつに
「人は食べたものののようになる」
ということがあります。
 
 
私たちは食べたもののエネルギーがそのまま体の中で働き
陰性のものを食べたら体も心も陰性になるし
陽性のものを食べたら体も心も陰性になるし
 
パンを食べたら、パンのように体も膨らみ、心も緩む。食べ過ぎると緩みすぎる。
お米を食べたら、お米のように体も締まる、心も締まる。たくさん食べると自分の軸、土台が出来る。
 

だから生命力溢れる、丸ごとのエネルギーが詰まった玄米がいいよと
昨日もお伝えしたんですが、
 
オリンピックで金メダルを取った
羽生結弦くんも、
「パンやパスタでは力が出ない。
お米を必ず食べます」と言われていましたよん♪
 
 
 
ちなみに、玄米には


体の土台を創り
自分の心と繋がる

 
という効果、エネルギーがありますが、(あと凄まじいデトックス効果も)
自分の体質を正しく知って
炊き方から自分に合わせていかないと
思うような効果は得られません。
 

圧力鍋で炊くのか?
土鍋で炊くのか?
また、そのままお茶碗に盛って食べるのか?
おにぎりにするのか?
チャーハンにするのか?
雑炊にするのか?
おかゆにするのか?


 
 
玄米ひとつとっても
すごく奥が深いのです。
 
 
 

 ご参加頂いたみなさま、
本当にありがとうございました^^!!

 


 
 
お知らせ
 
そんな奥深い所を濃く学んでいくのが博多美人塾の本講座なわけなのですが
ご要望があり、3月の本講座の日程が決まりました。 
既に二名様のお申込みを頂いています。 
少人数でおひとりおひとりに合わせて
講座を進めていきたいので、
残席は残り1名様です。
 
 

・本気で体と心を整えたい
・陰陽を自由自在に使いこなせるようになりたい
 
 という方は
ぜひ本講座にお越しくださいませ。

博多美人塾本講座の日程&詳細はこちらです↓↓

カラダ・心・過去・未来・あなたのすべてが陰陽で美しく変わる博多美人塾本講座

LINE@ご登録頂いた方毎月限定5名様で
ミニアドバイスも実施中です♪


◆体と心の土台をどっしりと 整えるための陰陽の法則
◆不調別の対処法
◆自分の心の紐解き方
◆美も健康もお金も愛も 望むものすべてを手に入れる方法
なども配信しています(*^^*)

友だち追加
(@qbz2506b)

 

 

お申込み1番人気♡
【テキストでお渡し完全オーダーメイド】
キレイになる食べ物がドンピシャでわかる!もう迷わない!
美容・カラダ・心 あなたのお悩みを解決する陰陽的食の処方箋 
▼詳細・お問い合わせはこちら▼
お申込み・お問い合わせは上記のリンクまたは
・FacebookのメッセージからもOK
・LINE@からもOKです
友だち追加
(@qbz2506b)

今月は
あと2名さま限定で 残席1名様となりました。
 お申込みOKです♪  

\ お申込みありがとうございます /

▶2018年6月・・・満席
▶2018年7月・・・満席→増席→満席
▶2018年8月・・・残席2名様→1名様


「あっという間だった!」楽しく本気の講座です
カラダも心もしっかりとサポートを受けながら

陰陽の世界をしっかりと深く学んで
美も健康もお金もパートナーシップも
すべてを手に入れたい方へ


カラダ・心・過去・未来・
あなたのすべてが陰陽で美しく変わる

 博多美人塾 本講座
 
▼詳細・お問い合わせはこちら▼



すべてのものを手に入れながら現実的に豊かになっていきたい方へ
博多美人塾認定講師コース
▼詳細・お問い合わせはこちら▼


あなたの顔が変わり
カラダが変わり
心が変わり
過去が変わり・人生が変わる 
\ 博多美人塾無料オンラインメール講座 /

博多美人塾オリジナルテキスト
あなたのキレイを引き出して
人生を丸ごと良くする
陰陽の法則
をプレゼント♡



▼登録はこちらをクリック▼

▼『これが無料?!』有料クラスの動画を発信しています

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。