なにかを始めるとき、必ず何か言われるよ

◆ビジネス

《なにかを始めるとき、必ず何か言われるよ》
 
これからビジネスを始める方の中には
・これから発信をはじめるけれどなんとなく恐い
・人から変な目で見られたらどうしよう(特に近い人、友だち、ママ友、親、親戚、などなど)
・無意識で多分人の目を気にしている・・・
  
というような想いを抱いている人も
いらっしゃるんじゃないかと思います。
 
 
でも、最初に覚悟した方が良いことです。
 
あなたがどんなに人の目を気にしても、
新しいことを始め、新しい領域にステージアップしていくのなら
今までお付き合いしていた方たちは
必ず何か言ってきます。
 
 
もうこれは仕方のないことです。
 
人って変化することを嫌います。
(本当の本当は変化を望んでるんだけど、特に女性は)
それって自分だけじゃなくて
人に対してもそうなのです。
自分より先に行ってしまう・・・
同じような世界に今までいたのに置いていかれる・・・
自分が信じていた世界が壊されるような気がして
引き止めたくなるのです。
 

なにかあったの? 
どうしたの?
大丈夫?
変な宗教とかいってないよね?(←笑 実際言われたことある)
  
とかね。
私も三年前、いきなり自分の気持ちを書いてみたら、
早速「なにかあったの?」ってコメントがつきました。
(それまで顔隠してひっそりビジネスしてたから)
▼当時のわたしもまだまだいいこぶりっこだったけど。


 
特になにかあったわけじゃなくて
私としては本当に思ってることを書いただけなんだけど
普段出してない(当時は)私が急に出てきたのでびっくりされたんだと思う。
 
 
それからも、約1年くらいは
友だち、親、親戚、からいろいろ言われました。
友人は疎遠になった人もいるし
親も「成功してから大きな口叩きなさい」とか
仕事の話ししてもろくに相手してもらえず「ふぅ~ん」レベル。
親戚からは「何やってるの?それでやっていけるの?加奈ちゃんは色々やるからねぇ・・・」と
本気でやってても趣味レベルのキラキラ女子のビジネスとして見られていたし。 
 
悔しくて。
だけど実際悔しがる暇もないくらい
自分の人生に集中していたら、
人の目なんて気にならなくなっていたし
いつの間にか周りにも
「加奈は自分でビジネスをしている、それで生きている」
というキャラクターが定着していきました。
 
 
人は変化を嫌いますが、変化にだんだん慣れていきます。
そうなってくると
最初は
「なに始めたんだ?!大丈夫か?!」
と言われたとしても、ある程度の時間を経て、やることやってるなら
それが自分にも周りにも「当たり前のこと」となっていきます。
だから最初に色々言われようが大丈夫なので
そのまま素直にあなたの想いを届けていきましょう。
 

それでも人の目が気になるよ~というときは
とことん、自分の人生に集中する。
 
実際、
周りの目なんか気にしてる暇はないです。
人生は自分が思ってるより短いから。 
 
形のない、人の目という
自分が勝手に創り出しているオバケより
自分自身に集中していきましょう。

その最初の一歩は
自分の想いを表に出す ということです♡

*━━━━━━━━━━━━━*
現在提供中のサービス・講座
*━━━━━━━━━━━━━*

お申込み1番人気♥ 陰陽気になるけど、まずは自分で少し陰陽の世界を覗いてみたいという方に
【テキストでお渡し】
キレイになる食べ物がドンピシャでわかる!もう迷わない!
美容・カラダ・心 あなたのお悩みを解決する陰陽的食の処方箋♥

詳細はこちらをクリック



ニキビに悩む方へ
ニキビは陰陽で簡単に治ります。
外側からのケアを必死にやっても治らない!という方に。
あなただけのテキスト作成で丁寧なマンツーマンサポート【ニキビ改善♥美肌塾】
詳細はこちらをクリック



カラダも心もしっかりとサポートを受けながら
 陰陽の世界をしっかりと深く学びたい、変わりたい、土台を創りたいという方向け
3ヶ月のフォローでしっかりとサポートします

カラダ・心・過去・未来・あなたのすべてが陰陽で美しく変わる
博多美人塾 2日間集中講座
詳細はこちらをクリック



ビジネスを始めたい方・ビジネスをしている方へ
ビジネスのちょっとしたお悩み困っていること
ビジネスの始め方などをオンラインサロンで解決出来ます
毎月2回開催中!おうちで参加出来ます
陰陽×ビジネス♥いつも陰陽が導くビジネス相談オンラインサロン
詳細はこちらをクリック




自分の世界をビジネスという形で表現したい
突き抜けたい・
スピード感を持って
現実を動かしてすべてを豊かにしたいという方へ

陰陽×ビジネス♡
あなたの人生をかけ想いを込めた商品創を創る
実践型ビジネス講座【お稼ぎ美人塾】
詳細はこちらをクリック



ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。