花粉症が改善したら毛穴もキレイになるしむくみもなくなります♡

さ、昨日の続きの花粉症のお話です。
 
 
花粉症は自分で改善できますよー、
そのためには腸をお掃除しましょー、
腸のお掃除にはただ便を出すことだけじゃなくて
質の良い便を出しましょー♪
 
 
ということを昨日は書いたのですが、
今日は、

その質の良いうんちを出すためには?
具体的に花粉症を改善するためには????
 

というお話です。
 
 
まず、花粉症も陰陽で考えることが出来ます。
 
というか、
体に表れる症状、表に出てくる症状は
全部陰陽で考えることが出来ます。
 
 
では花粉症は陰性か陽性かというと
 
 
陰性です。
 
 
呼吸器官、消化器官が炎症を起こしてる。
陰性の症状ということは、
陰性の食べ物が多いということ。
 
 
だから、花粉症、鼻炎の人は
まず、最初に、第一に、何よりも先に

 
陰性な食べ物を控えることです。

 

特に花粉症、鼻炎にダメージを与えるのは
 
・乳製品


・小麦


・油


・アルコール


 

 


 
この辺。
 
花粉症マックスの時は
果物や冷たいもの、甘いものも。
 
 
 
これらを1~2週間、すっぱりとやめてみてください。

今年既に花粉症を発症してる~という人も
すっぱりと控えたら、だいぶ良くなると思います。
 
 
そしてこれを来年までコツコツと続けたら、
来年はもしかしたら、花粉症にならないかもしれません♡
 
 
ただし、控えるといっても
”なるべく控える”では、

ほぼ、効果はありません。

 
やるなら本気でやる。
たった1~2週間。花粉症のその辛さに比べたらやれるはずです♡
 
 

 
 
あとはやっぱり質の良いうんちを出すこと。
 
 

ポイントはいくつかあるのですが
一番はまず、お米を食べることです。
 


うんちってね、穀物が材料になってるんです。
その中に体の中の老廃物とかいろいろ含んで外に出してくれるのですが、
材料がないと、うんちが作られない。


陰性な小麦を控えることが必然になるなら、
食べる主食はお米になると思います。
 
 
だから、ちょうどいいし
お米をとにかく食べる。
玄米だったらデトックス効果も抜群なのでベリーグッドです。
 
むしろ、お米とお味噌汁とちょっとしたおかず
これだけで過ごす方がオススメ。
デトックスが進みます。
 


 
ということで、

 
・陰性なものを控えること
・お米を良く食べること
 
 
花粉症に悩んでる人は
ぜひやってみてください~~!

 
 
あ、花粉症の人は
お顔もむくみがちで毛穴も開いて肌のキメも荒くなってるはずなので、
陰性なものを控えると
そういった悩みも解決されて
お顔も体も引き締まって美人さんになりますよ♡
 
 

体は全部繋がっているのだ♡
 
 

◆facebookのお友達も募集しています
申請はメッセージを添えて下さると嬉しいです

◆脇山加奈公式LINE@

blogやfacebookの記事を更新したときや
LINE@会員様限定の濃いお話を配信していきます♡

お問い合わせやメッセージなどは、
お気軽にこのLINEに返信して頂くことも出来ます♪

友だち追加
(@qbz2506b)

  red現在提供中のメニューred

お申込み1番人気
※限定5名さま※【テキストでお渡し】
キレイになる食べ物がドンピシャでわかる!もう迷わない!
美容・カラダ・心 あなたのお悩みを解決する陰陽的食の処方箋♥


お申込みはこちら

お申込み・お問い合わせは上記のリンクまたは
・FacebookのメッセージからもOK
・LINE@からもOKです
友だち追加
(@qbz2506b)

redオススメ記事

ごあいさつ・このブログについて
お肌もキレイになって赤ちゃんもやってきてくれました♡
30年悩んでいた便秘が改善されていき、現実が動き出しました!
LサイズからSサイズになりました♪
何が一番自分にあっているのか分からず焦る毎日にピリオドを
博多美人塾で学び出して、毎日が楽しいです!
肌荒れが1ヶ月で引いて 化粧で隠さなくてもよくなりました。

いつも不安を感じています。食べ物も関係ありますか?
食べ物でこんなに顔が変わる♡

お問い合わせはこちら

お客様の声(多数あります♪)

 

 red陰陽のお話

美人になる、自分らしく生きることが出来る食べ物の陰陽その1

美人になる、自分らしく生きることが出来る食べ物の陰陽その2

美人になる、自分らしく生きることが出来る食べ物の陰陽その3

美人になる、自分らしく生きることが出来る食べ物の陰陽その4

美人になる、自分らしく生きることが出来る食べ物の陰陽その5

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る